受付 / 待合 / 外観

皆様に快適にお待ちいただけるよう開放的で明るい待合室となっております。天井も高く、木材を多用した落ち着きのある空間です。
>

診察室 / 処置室

診察室のコンピュータは各種検査とネットワークで連結されており、検査終了後直ちにご覧いただけます。超音波検査装置、エックス線撮影装置、心電図、24時間心電図、呼吸機能検査など実施可能です。

また、検査用機材はすべて最新鋭のものを導入しており、正確な情報を提供いたします。

検査

  • 超音波検査装置
  • 心電図検査
  • 24時間心電図
  • 簡易ポリグラフィー検査
  • 呼吸機能検査
  • 除細動器
  • 運動負荷心電図
  • エックス線撮影装置
超音波検査装置
超音波を利用した検査です。エコー検査とも言います。
心臓の動き方、弁の状態、筋肉の肥厚などを観察し、心臓の機能の評価や心筋梗塞、心臓弁膜症の有無を検査します。
また、肝臓、胆嚢,膵臓、腎臓などの検査も可能です。腹部大動脈瘤の診断も行います。 頚動脈の硬化の程度も評価しております。全身の動脈硬化の状態の参考になります。
心電図検査
心臓から出ている電気信号を体に貼り付けた電極により読み取り、心臓の病気の有無を検査します。データはすべてコンピュータに保存されます。
24時間心電図
動悸、めまいなどが不整脈によると判断される場合があります。不整脈の種類と頻度を検出するために実施します。小さな記録装置と電極を装着し、帰宅していただきます。記録中の運動や入浴の制約はありません。
簡易ポリグラフィー検査
睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。器械の使用方法をお伝えし、自宅にて検査を実施します。 ご家族から強いいびきや呼吸停止の指摘がある方、日中の激しい眠気などを自覚される方はご相談ください。
呼吸機能検査
気管支喘息や、たばこによる呼吸機能低下など、肺機能の評価を行います。
除細動器
重症不整脈の急性期発症に対して心電図をモニターしながら、AEDと同様に、迅速に除細動を行うことができます。また、心房細動や頻脈性不整脈の救急時にモニターしながら抗不整脈薬の投薬治療を行う為に活用されています。
運動負荷心電図
狭心症の診断として重要な検査です。高齢者や腰痛症、膝関節症の患者さんに対しても安全に行うことができます。また、不整脈の評価を目的として行うこともあります。
エックス線撮影装置
伝統的な検査です。肺炎などの肺の病気や、心臓の状態を診断することが出来ます。当院ではコンピュータ画像管理システムの導入により、デジタル化された画像を瞬時に診察室のモニター画面へ映し出します。